補償

2019年5月13日

一般財団法人電気安全環境研究所(JET)

製品認証部 医療機器認証室 H様 W様


いつも大変お世話になっています。

登録認証機関は認証業務を適合性認証基準に基づいて、適正に行う機関です。

BEGO製品に関しては、初回申請者は弊社でした。

JETが申請者を、途中からBEGOに変えることはできないのではないでしょうか。

弊社がJETに提出した全てのデータを、BEGOともう一つのAPS(株式会社i)に回すことはしてはいけないことです。

JETが途中から、BEGO Dental(株式会社N)を申請者にしてしまいました。その結果、弊社の移行認証手続きが消滅しましたので補償が発生します。

また、申請者をBEGO Dental(株式会社N)に変えたにもかかわらず、BEGO認証品の生物学的安全性評価者は弊社のCEOにされたままです。

以上の事柄に関しては、解明に12年間もの月日を要しましたので紙面に書ききれません。

是非、話し合いの機会を持たせて下さい。

それから、Vertexレジン、Vertexレジン2は認証廃止の意向を表す「認証整理(抹消)届書」を提出致しました。JETはその届書を受理されたにもかかわらず、請求書には(抹消)を消して認証整理扱いにされました。

Vertexレジン3につきましては、認証廃止届書を提出していますので、その認証管理料のご請求は間違いではないでしょうか。

これらは間違ったご請求書ではないでしょうか。

BEGO製品とVertx製品の生物学的安全性評価者が弊社のCEOにされたままです。

その正しい処理を、ご一緒に考えて頂けますように早急に ご相談、話し合いの機会を持たせて下さい。

どうぞよろしくお願い致します。

エーピーエス株式会社

取締役 中井陽子