二重見積書

2018年5月28日

一般財団法人電気安全環境研究所(JET)
製品認証部 医療機器認証室 W 様


いつも大変お世話になっています。

BEGO製品認証申請についての見積書について、おたずね致します。

1. 『2008年6月5日』にJETがBEGO Dentalに送付された見積書(A)について

10品目の追加新規認証申請に関する費用¥910,350を見積りされています。

コンサルタントY

上記10品目は2008年6月3日にY氏がBEGO Bremer Goldschlägerei Wilh.Herbst GmbH & Co.KGに送付した見積書(B)から

  1. ウイロニウム Plus
  2. ウイロニウム Extra-Hard
  3. ウイロニウム Wire
  4. ビロニット Extra-Hard
  5. ビロニットLA
  6. ウイロボンド 280
  7. ウイロボンド SG
  8. コバルト・クロムソルダーメタルセラミック修復材料用合金用
  9. ダブルジーWG-Ⅱ
  10. ダブルジーWG-L

の10品目です。

Y氏は見積書(B)の備考欄に『既提出の移行認証申請の指摘対応内容を参考に新規の認証申請書を作成する』費用として¥2,625,000を見積りされています。

2. 『2008年9月3日』にJETが弊社に送付された見積書(C)について

9品目の追加新規認証申請に関する費用として¥844,305を見積りされています。

弊社は2008年10月29日にJETに同金額を支払いました。

コンサルタントYからの請求書D

上記9品目は、2008年9月26日にY氏が弊社に送付した請求書(D)から

  1. ウイロボンド SG
  2. ウイロボンド 280
  3. ウイロンライト
  4. ウイロニットEH
  5. ウイロニットLA
  6. ウイロニウム プラス
  7. ウイロニウム EH
  8. ウイロウエルド
  9. ウイロボンドソルダー

の9品目です。

以上9品目について、Y氏は新規認証申請書を作成する費用として¥1,181,250(着手金)を弊社に請求しました。

弊社はY氏と契約していないにもかかわらず、一方的に請求され2008年10月29日に同金額をY氏に支払いました。

コンサルタントYからの請求書E

更にY氏は 2009年2月25日に9品目の残金として¥1,181,250を弊社に請求しました(請求書(E))。

弊社はY氏と契約していないにもかかわらず、一方的に請求され2009年3月19日にY氏に同金額を支払いました。

上記の事実からお尋ね致します。

・2008年6月5日に、JETはBEGO Dental用には10品目を見積り(A)、 2008年6月3日に、Y氏は同10品目の追加新規認証申請書作成費用の見積書(B)を作成しています。

① この10品目はBEGO Dental用の見積書にもかかわらず、なぜ品名(販売名)の頭にBEGOが付いていないのですか。

因みにPMDAの認証一覧表(F)では、申請業者BEGO Dentalの販売名の欄には全て「BEGO ●●●」となっています。

② JETはY氏から、エーピーエス株式会社用の移行認証の申請書と同じ販売名で2重申請した書類を受け付けられたのでしょうか。

・ JETは3カ月遅れで、上記10品目からダブルジーWG-ⅡとダブルジーWG-Lを省き、ウイロンライトを加えた9品目について見積書(C)を弊社に送付されました。

JETはなぜ、同一品目についてBEGOを先に、弊社を後にして見積書を送付されましたか。

・ 弊社に対する9品目の見積り日が2008年9月3日で、それらの内7品目の認証年月日が2008年10月30日、2品目の認証年月日は2009年1月30日になっています。

新規認証申請でも、2ヶ月足らずで認証できるのでしょうか。

・ JETは、実際には株式会社N(BEGO Dental)だけに認証書を発行されて、弊社には認証書を発行されなかったのではないでしょうか。

よろしくお願い致します。

エーピーエス株式会社

取締役 中井陽子