JETの漏洩

2020年2月1日

1. 2012年10月16日にBEGOのSchultze氏が私に送信したメール

letter

上記のメールから「弊社がJETに2007年に提出した薬事申請データCD-Rom」を、JETがBEGOに推薦したコンサルタントY氏に渡し、Y氏はそのCD-Romをハードディスクにコピーしてから、そのCD-Romを破砕されたことが分かります。

2. 2011年8月26日にBEGOのSchultze氏から弊社へのメモの抜粋。

・December 14, 2007

A consultant was contacted and initiated to assist during the registration process. (JETのT氏がBEGOに推薦した)あるコンサルタントはJETとコンタクトし申請を手伝うための手ほどきを受けました。

・January 9, 2008

JET advises that docs are received OK and that minor changes are needed with spelling mistakes etc. BEGOのコンサルタントY氏は、JETから受け取った弊社のCD-Romを基に作成した申請書案をJETに見せて、JETのアドバイスを受けました。

上記の1と2から分かりますように、JETはBEGOの薬事コンサルタントY氏に弊社が提出したCD-Romを渡し、Y氏はJETと相談しながら弊社のCD-Romの内容をBEGOのために改ざんしました。

認証機関JETが弊社の機密内容であるCD-RomをBEGOの薬事コンサルタントY氏に渡したことは許されないことです。 また、Y氏はJETと相談しながら弊社のCD-Romを改ざんしたことは許されないことです。

エーピーエス株式会社

取締役 中井陽子